診断士コラム

診断士コラム

実装!花束問題<超高速開発コミュニティ&IT勉強宴会>に参加しました!

2015年9月19日(土)に、大阪で開催された実装!花束問題 (主催:超高速開発コミュニティIT勉強宴会)に参加しました。イベントの内容はIT勉強宴会のブログで詳細に語られています。複数の開発ツールが集まって一つのシステムを作っていくという大変刺激的なイベントでした。

今回のイベントでは、当社で開発・販売しているローコード開発ツール「TALON」を使って花束問題のシステムを実装しました。花束問題の内容はこちらよりご覧ください。簡単にまとめると、実店舗を持つ花屋さんの課題を解決するためにシステムを作るという物です。当イベントにも参加されたデータモデリング名人であり、モデリングツール「X-TEA」作者の渡辺幸三さんも自身のブログで内容を語っています

TALONによる実装方針について

今回システムを作るにあたって、業務の整理とデータモデリングをした結果が以下の資料群になります。

これらのシステム設計資料を元に、データベースは10テーブル、機能画面は14となりました。実際に発表に使った資料は以下となります。

発表資料に色々な思いを書いていますが、本当に良くできた問題だと思います。在庫という本来かなり難しい概念・仕組みを考えるためのギリギリの複雑さを持っている内容なので、業務システムを設計するためのスキルを磨くのには非常に良いです。この中で私なりに在庫の本質についても語っていますのでよろしければご覧ください。

それでは今回はこの辺で。

文=古関雄介

検索

アーカイブ


開発コストを下げ、
利益を最大化する
「TALON」をもっと知る!

お問い合わせ

電話でお問合せ(受付時間:平日10時~18時) 045-322-7077