ローコード開発とは?どんな課題・問題を解決するのか

当ページでは「ローコード開発」が業務システム開発の世界でどのような役割を果たすのか、どのような状況で威力を発揮するかといった情報を提供します。

ローコード開発とは?

ローコード開発とはソフトウェアをローコード(Low-code)で開発するという意味になります。その実現として、ローコード開発ツール・ローコード開発プラットフォームというカテゴリの製品が存在します。国内外含めて複数の製品が存在しており、それぞれが特徴を持っていますが、共通していることはソフトウェアを少ないプログラム量で完成させることが出来るという点です。主に企業内で利用する業務システムと呼ばれるソフトウェアの開発に使うことが多いです。

このような仕組みが現れた背景として、企業内向けの業務システムに求められる物がDXというキーワードと共に変化してきているという点が挙げられます。

DXがもたらす変化

昨今、DX(Digital Transformation)というキーワードがよく聞かれるようになりました。2018年に経済産業省が公表したガイドラインはDXを「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義していますので当ページではこの前提で進めます。

企業活動のあらゆる「もの」・「こと」をデータとデジタル技術を活用して変革して競争優位を作るのですから、単純に言うと全部をデジタル化・ソフトウェア化していこうという事です。DXに関する情報や書籍は数多く出版されていますがDXをどうやって実現するかという視点で以下の書籍をお勧めします。

「ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略」著者:及川 卓也

非常に分かりやすく具体的で示唆に富んでいます。 ウェブサービスを提供するような企業以外でも例えば製造業やサービス業、小売業なども自社の製品・サービスをソフトウェア化による価値増大を目指し、さらに、社内業務全般もデジタル(ソフトウェア)化によって変化し競争優位を確立するという事が非常に重要です。

当ページはローコード開発について説明をするページですが、何故最初にDXについて長々と解説したかというと、DXを実現する為の手段としてローコード開発は非常に親和性が高いためです。

ローコード開発のメリット

ソフトウェアを少ないプログラム量で完成させることが出来るということでまず思い浮かぶメリットはパッケージ・サービスと比較して自由度の高いソフトウェアを構築でき、かつ短期間での開発が可能(費用を安く抑えて開発)という点で、よくアピールされるのですが、実はこの点が最大のメリットでは無いです。とは言え、全て手作り(スクラッチ開発)する場合と比較すると製品によっては10倍以上の開発速度が出ますので重要な点ではあります。

●ローコード開発、パッケージ・サービス、スクラッチ開発の比較図    

■最大のメリット

企業自身が関わった上で、本当に必要とするソフトウェアを作り、変化させ続けることが出来るという点です。通常のソフトウェア開発・導入は、特に日本国内では外部のソフトウェア開発企業に全て構築を依頼するか、パッケージソフトの導入が多い傾向があります。ローコード開発を導入する事で第三の選択肢が生まれます。それが、自分たち中心にソフトウェアを作っていくという事です。これは、自社業務を熟知しており、少数でもシステム開発の知見があるメンバーがいれば極めて高い生産性を生むことが出来る仕組みにより開発が可能となるためです。もちろんシステム開発企業に依頼するケースも多くありますがその際も全て丸投げでは無く、共同で開発していくという形を取る事が可能です。

■継続的な進化を実現

ソフトウェアは一度作ったら終わりという物では無く、外部環境・内部環境の変化に応じて改善が必要となります。特にIoTなどを利用したソフトウエアを作る場合は常に改善する事でより高い付加価値を生み出していく必要があります。これを近年ではDevOpsという開発手法で実現したりします。開発と運用に分けずに一体となって活動を進めていくようなスタイルです。このスタイルとローコード開発は非常に相性が良いです。製品によってはシステム全体の影響分析を行い、例えばデータ構造を変更する際にどの機能にどんな影響が生じるかが簡単に分かるようになっています。また、これも製品によりますが、実際にソフトウェアを使うユーザと打ち合わせをしながら開発可能な物もあり、この場合はユーザが実際に動くソフトウェアを見ながら開発が出来るため、ユーザが本当に欲しい物を開発する事が可能になります。

DXによる企業改革はソフトウェアを早く作る事が出来れば実現する訳では無く、いかに付加価値を高める仕組みを作り、継続して改善して行けるかがカギです。

ローコード開発のデメリット

デメリットとして挙げられるのは、それぞれのローコード開発ツールが想定していないような仕組みを作るのが難しい点です。多くの製品は想定している利用用途があります。あまりに広い用途に使える製品はその分開発の難易度が高かったり、独自のルールが複雑で習得に時間が掛かります。逆にあまりに狭い用途に特化した製品は開発の難易度が低く、習得も簡単という傾向がありますが、ソフトウェア化出来る領域が狭すぎて使いどころが少なくなります。そのため、各製品はこの用途と開発・習得難易度の関係の中でバランスをとっており、それが各製品の個性になっています。製品選定時はこの視点で色々と調べる事をお勧めします。

ローコード開発ツールの実例(TALONを使った説明)

ここからは国産のローコード開発製品である「TALON(タロン)」を例にローコード開発ツールがどのような物であるかを説明します。※当サイトはTALONの製品ページ内に設置しています。また、TALONは企業向けの業務システムを開発する事を主目的としているため、以降はソフトウェアという用語ではなく業務システムという用語を使います。

何故ローコードで作れるのか?

業務システムが持つ特性に着目して、少ないコードで開発が可能な仕組みを実現しました。

その特性とは?

データ構造(データモデル)が重要であるという特性です。

何故データ構造が重要?

業務システムは単一目的利用のウェブサービス(twitterやチャットサービス等)とは異なり、利用者の役割・目的が多くなる傾向がある。様々な視点の情報提供と、情報作成の為の様々なデータ登録が必要。必然的にデータ構造(データモデル)が複雑になるため、データ設計が必須となります。

具体的にどうやって実現している?

データ構造が完成したらほぼシステムが完成する仕組みを「ブロック」構造により実現している。

TALON(タロン)の主な特徴とカバー領域

特徴
ブラウザで様々な設定をするだけで機能が完成。打ち合わせをしながら機能構築可能。
実行エンジン型。作った直後から利用可能。ブラウザやOSの変化にも改修作業無しで対応可能。
ルールエンジン機能により、業務ロジックの表現力が高い。
フリーレイアウト機能により、見た目の表現力が高い。
グラフィカル表現・リアルタイムUIにより自由度の高いシステムが構築可能。
複数のDBやSalesforce等、約200種のクラウドデータを同時に扱えるためIoTシステムなどを構築可能。
機能はブラウザ、Web-API、バッチと様々な方法で実行が可能。
稼働している機能から常に設計書が出力可能。機能と設計情報の一元管理が可能。

●開発する業務システムに対するTALONのカバー領域    

TALONについてのより詳しい内容は以下より参照ください。


開発コストを下げ、
利益を最大化する
「TALON」をもっと知る!

お問い合わせ

電話でお問合せ(受付時間:平日10時~18時) 045-322-7077