TALONで出来る事(主な機能)

[ 戻 る ]
  プログラミング関係
 
  プロシージャ実行機能

 

概 要


データペースのプロシージャを呼び出す事が可能です。
検索処理の前後、確定処理の前後にプロシージャを実行させたり、プロシージャ実行用のボタンを画面に設置することが出来ます。


メッセージのやり取り


プロシージャ内で実行した結果、クライアントにメッセージとして返したり、対話型メッセージのやり取りを行う事が出来るため、複雑なチェック処理などにも対応可能です


バッチファイルからの実行


プロシージャ呼出機能として設置したプロシージャ機能はバッチファイル(.BATや.SH)などから実行することも可能です(バッチ機能参照)


プロシージャ実行機能の設定方法については 機能構築マニュアル を参照ください。