TALONで出来る事(主な機能)

[ 戻 る ]
  プログラミング関係
 
  JavaScriptエンジン実行機能

 

概 要


サーバーサイドで実行されるJavaScriptエンジンを呼び出す事が可能です。
検索処理の前後、確定処理の前後にプロシージャを実行させたり、プロシージャ実行用のボタンを画面に設置することが出来ます。


メッセージのやり取り


JavaScriptエンジンで実行した結果、クライアントにメッセージとして返したり対話型メッセージのやり取りを行う事が出来るため、複雑なチェック処理などにも対応可能です。


バッチファイルからの実行


ボタンとして作成したプロシージャ機能はバッチファイル(.BATや.SH)などから実行することも可能です(バッチ機能参照)


データベース操作


JavaScriptエンジンではTALONクラスを使用する事でデータベースの操作(SELECT/INSERT/UPDATE/DELETEなど)を実行する事が可能です。


JavaScriptエンジンの共通化


JavaScriptエンジンは機能毎、各イベント毎に記述しますが、システム共通での設定も可能です。共通部品などをシステム共通で定義し、各機能ではそれら部品を使用するといった構築が可能になります。


JavaScriptエンジン実行機能の設定方法については 機能構築マニュアル を参照ください。