カスタマイズ放題 システム構成管理

はじめに

当システム「カスタマイズ放題システム構成管理」は、OSSエンジニアリングツール「X-TEA」の作者である渡辺幸三氏の著書「システム開発・刷新のためのデータモデル大全」のデータモデル例として提示された「システム構成管理」をTALONで実装した物になります。


当システムは企業のIT資産(ソフトウェア、ハードウェアの両方)を管理・活用する事が出来ます。多くのIT資産管理はExcel・Googleスプレッドシートに代表される表形式ソフトウェアで管理をしていますが、当システムを利用する事で、単に資産記録をするだけではなく、様々な活用が可能です。活用方法の詳細な内容は上掲の書籍に記載されていますので是非併せてご覧ください。

それぞれの資産に親子関係を紐づけする事で、それぞれの資産がどのような関係性を持っているかを一目で把握する事が出来ます。例えばあるサーバで利用しているネットワーク機器や、利用しているソフトウェアなどを紐づけし、ドリルダウン形式で表示しています。この親子情報を使う事で、障害発生時や、ソフトウェアのアップデート時に別の資産に影響があるのか、無いのかを簡単に把握する事が可能です。

また、フィーチャーオプションという考え方を導入したシステムになっており、これは、それぞれの資産が持つタイプ別にフィーチャー(特徴・機能)を定義し、柔軟にそれぞれの資産が持つ情報を管理する事が可能です。例えばタイプがサーバであれば、サーバで管理するような内容を事前に定義して置き、サーバが追加になるとそれらの管理項目が自動でセットされます。セット時には初期値情報が転記されるようになっており、編集を行った場合の入力値が妥当かどうかのチェックも実行されます。入力値のチェックと、初期値のチェックには単純に値の範囲や、リストからの選択といった一般的な物以外に、事前にスクリプトを埋め込んで評価させることも可能です。フィーチャーオプションの詳細な解説については上掲の書籍を参照ください。

当パッケージはTALONにて構築されていますので、用途に合わせて自由にカスタマイズして頂く事が可能となっております。

簡単にカスタマイズ出来ることを目的に当システムはデータベース構造からシステムの構築内容まで全てをマニュアル上で公開しています。

システム構成管理のモジュール提供

「カスタマイズ放題システム構成管理」は、TALONを導入のお客様に無償で提供しています。以下の構築支援サイトのダウンロードページよりダウンロード下さい。

TALONを導入していない方でも、体験版をご利用いただく事で内容をご確認頂く事が可能です。以下のお問い合わせより体験版を入手してください。。

より詳細な情報はマニュアルに記載しています。以下のダウンロードボタンよりマニュアルはどなたでもご覧頂く事が可能です。



処理の流れ

当システム「システム構成管理」のシステムの流れになります。


処理フロー1
処理フロー2

システム構成管理の機能紹介




モジュールタイプ情報

各モジュールが持つ、モジュールタイプを管理します。
サーバ、ルータ、ソフトウェアなどを定義します。
モジュールタイプ情報

モジュールタイプ別属性情報

各モジュールタイプが持つ属性情報を管理します。
例えばサーバであれば「IPアドレス」や、「OS」などです。
当情報は「モジュール属性明細情報」を生成する際の元情報となります。
モジュールタイプ別属性情報

拠点情報

資産をまとめる単位として定義する事が出来ます。
部門であったり、本社マシン室といった場所などを定義します。
それぞれのモジュールは、どこかの拠点に所属します。
拠点情報

モジュール情報

それぞれの固有資産情報を管理・照会します。
具体的な製品などが登録されます。
モジュール情報

モジュール属性明細情報

各モジュールに対して属性情報を定義します。
各モジュールが属しているモジュールタイプ別に管理可能な属性情報が決まります。
これらの属性情報は「モジュールタイプ別属性情報」で管理します。それぞれの固有資産情報を管理・照会します。
モジュール属性明細情報

モジュール構成情報

各モジュール間の関係を親子関係で定義します。
当画面では親子関係で定義を行いますが、「モジュール構成情報照会」では、多階層に展開した形で参照する事が可能です。
モジュール構成情報

モジュール属性明細照会

各モジュールに対して登録されている属性情報を表示します。
「モジュール属性明細情報」機能との違いは、当機能は現時点で登録済みの情報を表示します。
「モジュール属性明細情報」機能は最新のマスタ情報と差異がある場合は、マスタを優先した表示となりますが当機能はマスタ情報は参照しません。
モジュール属性明細情報

モジュール属性明細差異一覧

当システムの特徴として、各モジュールが持つ属性情報(フィーチャーオプション)を管理するために、個別モジュールに都度属性情報を登録するのではなく、モジュールタイプ別属性明細情報を事前に用意しておき、その情報を元に自動で生成します。

一度個別モジュールに属性明細情報を生成した後にモジュールタイプ別属性明細の情報が変化してしまうと、情報に差異が出てしまいます。本来追加しなければいけない属性が追加されずに放置されてしまうなどの問題が生じてしまいます。

そのために、当画面で各情報で差異があるデータを抽出して表示します。
当画面に表示があるモジュール情報は差異がありますので、修正を行う必要があります。
モジュール属性明細情報

モジュール構成情報照会

各モジュール間の関係を多階層展開で表示します。

正展開と逆展開での展開が可能となっており、末端の資産から最上位までの資産をさかのぼって表示する事が可能ですので、障害発生時などに、該当資産をキーに逆展開すると、何の資産にまで影響が及ぶかを確認可能です。各モジュール間の関係を親子関係で定義します。
モジュール構成情報照会

拠点別資産価格グラフ

モジュール情報を元に、拠点毎にタイプ別の取得価格サマリ金額を棒グラフで表示しています。
拠点別資産価格グラフ

おわりに

「カスタマイズ放題システム構成管理」はそのままでももちろん利用できるように設計されていますが、本当の価値を発揮するのは、自社に必要な機能をカスタマイズにより追加したときです。 作られた機能は全て超高速開発ツール「TALON」で構築されており、極めて簡単に改造が行えます。また、画面や帳票の追加も簡単に行えますので、是非一度試用版で体験してみてください。

利用してみたいユーザ様はこちらのページよりお問い合わせください。クラウド試用版を提供させていただきます。

TALONのビジネスパートナーとなる検討をして頂ける企業様はこちらのページよりお問い合わせください。


開発コストを下げ、
利益を最大化する
「TALON」をもっと知る!

お問い合わせ

電話でお問合せ(受付時間:平日10時~18時) 045-322-7077