※YouTubeが閲覧不可な方はこちらからご覧ください
  • TALONのコンセプト
  • TALONのコンセプト
  • TALONとは
  • TALONの開発コンセプト
  • 導入の流れ
  • 導入パターン
  • よくあるご質問
  • 業務テンプレート/連携システム
  • 失敗しないシステム構築・導入
  • 新しい開発プロセスのご提案
  • TALONコンサルタントの紹介
  • 週刊診断コラム
  • お問い合わせ
  • 販売代理店希望用お問い合わせ
  • 価格
  • 動作環境
  • 会社概要
業務システム用 超高速開発ツール「TALON」最新版(5.0)をリリース

〜リアルタイムユーザインタフェースの実現!〜

業務向けITツールを開発する株式会社HOIPOI(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:古関 雄介、以下 HOIPOI)は、企業内の業務システムを超高速で開発可能なWebツール「TALON(タロン)」を強化したバージョン5.0を、2019年2月28日(木)より販売します。TALONは今までの業務システムの課題を解決できる、画期的な仕組みで開発された超高速開発ツールです。 価格はクラウド版4万円、オンプレミス版50万円(税別)より。



TALONの機能構築用設定画面と実行画面、帳票のイメージ
TALONで構築した業務画面イメージ


■機能強化のポイント

TALONの基本コンセプトである「本当に使える業務システムを超高速開発・保守の実現」を、今のニーズに合わせて再定義しました。今は業務システムを構築する際に、「UI/UXの向上」、「様々なシステム・サービスとの連携」、「IoTの活用」といった要望が当たり前のように出てきています。これらの声に対応しました。

具体的にはリアルタイムユーザインタフェースと、リッチでモダンな画面表現の実現です。利用可能な端末はPCだけでなく、スマホやタブレットにも対応しています。

従来、業務システムに求められていた複雑なデータベース構造のシステムを超高速で構築出来るという特徴はそのままに、新たに様々な機能を実装しました。

 ・グラフ表現
 ・カレンダー形式
 ・ガントチャート形式
 ・様々なユーザ入力補助機能

これらすべての情報はリアルタイムに情報更新・参照を行うことが出来る上に、カレンダー、ガントチャートにおいてはドラッグアンドドロップでのデータ操作が行えます。他にも一度作った機能のブロック(※)は別の機能からリンクによる呼出を行うことで、複数の画面で再利用する機能や、画面の特定情報のみをリアルタイムに書き換える機能など多数追加になっています。

今回の新バージョンにより、活用できる領域が飛躍的に広がります。例えばTALONの機能として、100以上のクラウドサービスやNoSQLなどのデータと直接アクセスが可能ですが、これらの機能とリアルタイムユーザインタフェースを組み合わせることで、IoTデバイスを使ったリアルタイム表現が可能になります。さらに、複数のデータベースやNoSQLの情報を集約して分析するといった機能が簡単に構築可能になりますのでBIやETL機能としてもお使いになれます。その他、ガントチャートを使ったプロジェクト管理や、カレンダーを使った予約システムなども構築が可能になりました。

主な新機能については以下のURLを参照ください。
TALON V5.0 新機能紹介ページ

■「カスタマイズ放題IoT」を同時にリリース

今回の目玉機能として追加になった機能をすぐに活用出来るよう、新バージョンリリースに合わせてIoTシステムを短期間で導入するための業務テンプレート「カスタマイズ放題IoT」を同時にリリースします。こちらは、IoTのセンサー情報をリアルタイム受信してグラフ表示する機能と、IoTからの情報を利用した原価情報の作成・分析を行うテンプレートになります。このような表現ができることで、工場の改善に高額なIoTツール、BIツール、ETLツールを導入する必要がなくなります。 他にも1つのフォーム画面で複数データベースと接続・更新可能な機能や入力サジェスト機能、ログインパスワード機能強化、フリーレイアウト機能の強化など業務システムを構築する為に便利な新機能及び改善を25以上追加しました。


※ブロックとは、TALON独自の機能で、業務情報を処理する単位です。当機能がTALON最大の特徴となります。詳細は上記の新機能紹介ページに記載しています。

■今後の展開

(1) IoTシステムへの対応強化
今回の新バージョンリリースにより、IoTデバイスの情報をリアルタイムに扱い、かつ、情報を集約することで分析までを行うことが出来るようになりました。当機能を用いて、より簡単にシステム構築が可能になるようテンプレートを充実させていく計画です。様々なIoTシステムへの対応を強化することで、製造業の工場改善や、マーケティング分析などに活用が可能となります。

(2) 生産スケジューラ「Asprova」連携オプションの刷新 アスプローバ社が提供している生産スケジューラ「Asprova」との連携オプションである「TALON for Asprova」を近日中にアップデートする計画です。 スケジュール結果をTALON側でグラフィカルに共有し、計画の調整が行える仕組みとして提供予定です。提供予定の内容について紹介動画をご用意していますので、是非ご覧ください。

TALON for Asprova 新機能紹介ページ
※音声が出ますのでご注意ください。



■TALONについて

企業の業務システムを超高速で開発する事を可能にする開発ツールです。データベースを自由に設計出来るため、どのようなデータベース構造であってもTALONでシステム構築が可能です。なお用途として、以下の3種類の利用方法があります。

(1) 企業の情報システムご担当者による自社開発を実施
(2) ソフトウェア開発企業様のユーザ企業向けシステム開発としてのご利用
(3) ソフトウェア開発企業様が業務パッケージやサービスをTALONで構築して提供するといったご利用


■TALONの導入についてご興味のある方

1か月間の試用版(クラウド版、オンプレミス版)をお試しいただけます。お気軽にお問い合わせください。


■TALONを使ったビジネスにご興味のある方

販売代理店、TALONを活用したパッケージ販売など、TALONを活用したビジネスにご興味のある方も、お気軽にお問い合わせください。


■お問い合わせ先

株式会社HOIPOI
E-mail: info@hoipoi.co.jp
お問い合わせフォーム:https://www.talon.jp/p80-2_contact.html

■会社概要

商号  : 株式会社HOIPOI
代表者  : 代表取締役 古関 雄介
所在地  : 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-4 2F
事業内容  : ソフトウェアの開発・販売
URL  : http://www.hoipoi.co.jp/